ETC車載器比較

ETC車載器とは、ETC(電子料金収受システム)を利用するために自動車に取り付ける機器のことです。ETC車載器を設置することで、ETCシステムを利用することができ、有料道路(高速道路)などのETCゲートを通過することができます。

また、将来的には有料道路以外での利用も検討されているそうで、たとえばタイムパーキングの料金などもETC決済できるようになる可能性が高いです。

ここでは、実際の車の取り付ける「ETC車載器」についてその選び方から具体的な機器の特徴までを徹底的に比較・ランキングしていきます。

ちなみに、機器(ETC車載器)以外にETCカードと呼ばれるカードが必要になります。カードはクレジットカードとセットになった者が一般的です。

 

ETC車載器の種類と特徴

ETC車載器は大きく以下のような種類に分類されます。

アンテナ・車載器分離型ETC車載器

最近よくでているのはこのアンテナと車載器の分離型です。ETC車載器の本体はダッシュボードの中や運転席のハンドル下などの邪魔にならない場所に設置できます。
その上でアンテナはフロンとガラスのバックミラー裏やサイドなどの邪魔になりにくい位置に装着します。
設置には配線等の工事が必要になるので、工賃がかかるのと車載器の価格自体も一体型よりちょっと高いです。ただし、セキュリティ面、見栄えの面からはこの分離型が主流です。

アンテナ一体型ETC車載器

ETCカードを挿入する機器とアンテナが一体化したものです。機器は一つでOKです。しかしアンテナを内蔵しているため受信できる場所に設置する必要があります。一般的にはフロントガラス周辺に設置します。
設置が容易で価格面では安いのですが、見える位置にETC車載器があるので見栄えが悪いという点と、ETCカードの抜き忘れが容易に外部から見えてしまうので、セキュリティ面での不安が残ります。

ビルトインETC車載器

メーカーの純正品として、自動車の購入時に予めETC車載器をセットするというタイプです。最近では多くのメーカーでこうしたビルトインタイプETC車載器が販売されています。

 

カーナビ連動型ETC車載器

分離型・ビルトイン型のETC車載器に見られる高機能タイプとして最近では、カーナビに連動させるタイプのものがあります。
カーナビの音声案内と連動したシステムが魅力です。

>>ETC車載器の比較に関するクチコミ情報を見る

 

 

ETC車載器関連のおすすめサイト

ETC車載器に関連したおすすめサイトをいくつか紹介していきます。

特になし