証券会社比較

証券会社は、株式の売買などの投資においてその仲介をする会社で、投資家にとっては取引をする大切なパートナーです。ここでは、そうした証券会社を徹底的に比較・ランキングしていきます。

証券会社を比較するポイントは大きく「手数料」「サービス」「取り扱い商品」などがあります。ここでは、代表的なネット証券の中から、投資初心者の方でも安心な最初の証券会社として最適なネット証券を比較・ランキングしていきます。

 

証券会社比較ランキング

人気の高いおすすめの証券会社をランキングしています。

ランキング1位:楽天証券

楽天グループのネット証券です。手数料の安さ、取り扱い商品の豊富さ、トレードツールである「マーケットスピード」の使い勝手などどれをとってもネット証券の中で最高水準といえます。
また、日経の「日経テレコン21」が無料で使えるのもGood!
>>楽天証券の詳細情報

ランキング2位:GMOクリック証券

手数料の安さには定評があります。大手ネット証券の中では株式の売買手数料は最安といっても過言ではありません。
また、取引ツール「はっちゅう君」などは使いやすさで評価が高いのも特徴です。
>>GMOクリック証券の詳細情報

ランキング3位:SBI証券

大手ネット証券会社。ネット証券の中では口座数NO1。手数料も安く、取り扱い商品も豊富でまさにマルチな証券会社です。
口座数・取引高・預かり資産残高などネット証券の中では最大規模の証券会社となっています。
>>SBI証券の詳細情報

>>証券会社の比較に関するクチコミ情報を見る

 

証券会社を比較するポイント

証券会社を比較する際のポイントをまとめてみます。

  1. 取引手数料
    取引手数料は株式等の投資において非常に重要な意味を持ちます。手数料が高いほど、それだけ売買の利益は小さくなり、損失は大きくなるためです。
    株式売買手数料の自由化以後はネット証券を中心に手数料のディスカウントが進んでおり、近年ではほとんど無視できるレベルにまで手数料も小さくなってきました。
    ちなみに、取引手数料は売買の都度手数料がかかるタイプ(都度手数料)、一日の売買金額に応じて手数料がかかるタイプ(一日定額手数料)に分類されます。
  2. 取引ツール(トレードツール)
    株式売買をする上で特に、頻繁に売買をする方にとってトレードツールは非常に重要なツールの一つです。チャートや株価情報、最新の投資ニュースなどを手に入れる上でこうしたトレードツールは非常に便利です。「トレーディングソフト比較」などではこうしたトレードツールを比較しているので参考にしてみてください。
  3. 取り扱い商品
    投資をするために証券会社に口座を持ってもそれぞれの証券会社によって取り扱い商品は異なります。国内株ではなく、アメリカの株に投資をしたい、中国の株に投資をしたいという方も多いのではないでしょうか?これらの外国株については別途比較していきます。

 

証券会社関連のおすすめサイト

証券会社に関連したおすすめサイトをいくつか紹介していきます。

証券会社比較ランキング
人気の証券会社を手数料や取り扱い商品、サービスなどで徹底的に比較・ランキングしていきます。

ネット証券比較
当サイトでは、投資経験や投資運用スタイルなど様々な条件別に証券会社をランキングしたり、手数料やサービス内容について徹底的に比較していきます。