年金保険比較

年金保険とは、大きく「公的年金」「企業年金」「私的年金」に分類されます。ここでは、こうした年金制度の基本から年金の活用術についてまで徹底比較していきます。

公的年金
国民年金、厚生年金、共済年金といったもので、20歳以上の国民は必ずいずれかの年金制度に加入しています。

企業年金
勤め先の企業が行っている年金制度で、厚生年金基金などが代表的です。

私的年金(個人年金)
個人が生命保険会社などと直接契約し、保険料を支払うタイプの任意の年金です。年金の運用者は各金融機関となっています。また、年金保険料の支払い方や、受取額、受け取り方法など様々な種類があります。

 

年金保険比較ランキング

人気の高いおすすめの年金保険をランキングしています。

集計中

現在ランキングを集計しております。結果発表まで今しばらくお待ち下さい。

>>年金保険の比較に関するクチコミ情報を見る

 

私的年金(個人年金)の種類と特徴

私的年金は民間金融機関が行う年金制度であるため、非常に様々な種類や特長があります。まずはここで代表的な年金保険の種類と特徴を分類します。

年金の受け取り金額による分類

確定給付年金

年金としての受取額が確定している年金です。加入した時点で将来受け取る保険金額が決まっています。受取額が決まっているので安定しているというメリットがありますが、将来大きなインフレになった場合は実質の受取額が目減りするリスクがあります。

確定拠出年金


年金保険料の支払額だけが確定している。受取額は運用成果によって変動します。変額年金とも表記されることがあります。受取額が運用成果によって変動するため、年金運用者が運用に失敗した場合には予想よりも少ない額の年金しか受け取れれないというリスクがあります。

 

年金の受け取り期間による分類

終身年金

死亡するまでの間はずっと貰えるタイプの年金です。国民年金・厚生年金などはこのタイプです。長生きすればするほど受け取り額が多くなります。
一方で早くになくなった場合などはこれまで支払った保険料よりも少ない金額しか受け取れない場合もあります。

保障期間付終身年金

終身年金に一定の保障期間をつけたものです。例えば、10年間は被保険者の死亡・生存の有無に関わらず年金を支払い、その後は生存している場合のみ年金を支払うといったタイプです。

確定年金

生存死亡の有無に関わらず、一定の期間年金を受け取れるタイプです。

有期年金
一定期間と間のみ年金を支払うというタイプ。ただし、被保険者が期間中に死亡した場合にはその時点で年金の支払いが終了します。
夫婦年金
夫婦のいずれかが生存している場合には年金が支払われ続けるタイプです。両者が死亡した場合には年金の支払いが終了します。

 

 

年金保険関連のおすすめサイト

年金保険に関連したおすすめサイトをいくつか紹介していきます。

個人年金保険の種類と特徴
が運営している国民年金や厚生年金・厚生年金基金とは異なり、個人が自分の意思で加入する年金で、生命保険の一種です。厳密には生存保険と呼ばれる分野の保険にあたり、平均寿命が伸びる中、老後の備えといった長生きするリスクに対して備える保険となります