火災保険比較

火災保険とは、損害保険の一種で建物・家財などが火災やその他の災害などにより損害を受けた場合にその復旧のために支払う保険です。住宅の場合は大きく、火災や落雷、風災、雪災での損害などを補償する「住宅火災保険」、それに加えて盗難や水害などの損害も補償する「住宅総合保険」に分類されます。

また、近年では、保障内容を契約者が自由に選べるリスク細分型の火災保険も登場しています。

 

火災保険比較のポイント

火災保険を比較する場合に重要な項目やポイントはいかの点です。

  1. どんな災害から建物・家財を守りたいのか?
    火災保険ですから火災はもちろんですが、水害・盗難・水漏れなど広範囲での保障が必要なのかを検討しましょう。保障の対象となる項目を増やせばそれだけ必要となる保険料も高くなります。
    また、地震による損害は日本の場合、火災保険では保障されません。通常は火災保険への特約として「地震保険」をセットする必要があります。
  2. 保険金額の設定
    火災保険による保険金は建物の損壊に応じて支払われますが、その基準となる時価の計算には「再調達価額(新価)」と「時価額」という二つの方法がとられます。
    再調達価額(新価)の場合は同じ物件を再取得する場合にかかる費用が保険金として支払われるのに対して、時価の場合ふるい物件の場合はほとんど保険金が下りないというケースもあります。

 

火災保険比較ランキング

人気の高いおすすめの火災保険をランキングしています。

集計中

現在ランキングを集計しております。結果発表まで今しばらくお待ち下さい。

>>火災保険の比較に関するクチコミ情報を見る

 

 

火災保険関連のおすすめサイト

火災保険に関連したおすすめサイトをいくつか紹介していきます。

住宅ローンと火災保険
火災保険は火災で建物や家財などが被害にあった場合にその被害額を保障してくれる保険です。住宅ローン会社を通じて契約することもできますが、自分自身で損保会社と個別に契約することもできます。