フラット35比較

フラット35とは、住宅金融支援機構(旧公庫)と民間金融機関が協力して提供している住宅ローンサービスです。フラットという名前の通り35年の長期固定金利による住宅ローンサービスとなっています。

 

フラット35比較ランキング

フラット35についてはどの金融機関でも同じというわけではありません。金利・手数料ともに各金融機関によって違いがあります。
ここでは、総コスト面から金利・手数料の安いフラット35を提供する金融機関をランキングしていきます。

ランキング1位:楽天モーゲージフラット35

フラット35の中でも金利・手数料面で最も有利なサービスを提供してくれるのが「楽天モーゲージ」です。
フラット35提供業者の中でも最も安い水準の金利と手数料となっています。フラット35Sや借換ローンとしてご利用いただけるようになっています。
>>楽天モーゲージの詳細・金利情報

 

ランキング2位:SBI住宅ローン

旧グッドローン。フラット35サービスの提供業者の中では楽天モーゲージと並んで低金利でのフラット35を提供しています。手数料面では楽天モーゲージが安いとされますが、団体信用生命保険などの保険面が充実しています。
>>SBI住宅ローンの詳細・金利情報

>>フラット35の比較に関するクチコミ情報を見る

 

フラット35とは何か?

フラット35というサービスは住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と民間金融機関による住宅ローンで公庫融資に変わる住宅ローンとして登場しています。
住宅ローンを「証券化」という手法により分散化させることで、長期固定の住宅ローンを借り手にとって有利な形で提供しています。

フラット35と普通の住宅ローンの違い

大きな点はフラット35の場合は「最長35年間の間、固定金利で住宅ローンを組める」ということが挙げられます。対して民間の銀行が提供している住宅ローンは変動金利または、一定期間は固定金利でその後は変動金利になるタイプのローンが主流です。
これは、長期固定金利で住宅ローンを提供するというリスクを銀行側が負えないという点があります。そのため、金利変動リスクのない固定金利の住宅ローンを組みたいという場合は必然的にフラット35が有力な住宅ローンとなります。
ちなみに、固定金利と変動金利によるリスクの違いについては「住宅ローン金利の種類」などが参考になります。

フラット35と審査

フラット35の審査は銀行の住宅ローンと異なり、物件(ローン対象となる建物)への審査があります。普通に建築基準法を満たしているだけではなく、フラット35が定めている独自の建築基準に則っている必要があります。
ちなみに、フラット35の一種として「フラット35S」というものがあり、これはフラット35よりも厳しい基準をクリアした住宅だけが利用できるものとなっており、フラット35よりも安い金利でローンを借りることができます。
また、審査基準についても少々違いがあるようです。(参考:銀行融資とフラット35の審査基準の違い

 

フラット35関連のおすすめサイト

フラット35に関連したおすすめサイトをいくつか紹介していきます。

フラット35比較
フラット35とは、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と民間の金融機関が一緒に行っている住宅ローンサービスです。フラット35では、名前にもあるとおり35年の長期固定金利による住宅ローンを提供しています。