国債・債券比較

比較的安全かつ低金利な定期預金などよりは有利に運用したいという方にお勧めの金融商品が「国債」「社債」といった債券への投資です。ここでは、債券投資の基本的な仕組みと個人投資家に人気の高い債券である「個人向け国債」や「個人向け社債」を紹介・比較していきます。

 

債券投資とは?

債券というのは、国や企業が発行する「債券証書(借用証書)」のようなものです。つまり、「○○円のお金を年利××%で借ります。いついつまでに返済します。」といった感じの金融商品となります。

たとえば、日本国政府が発行する債券(国債)、年利3%(利払いは年2回)で償還期限(満期)は5年。という場合は以下のような有価証券といことになります。

・5年後に投資した元本が返還される
・期間中は年に3%の利息が2回に分けて支払われる(1.5%ずつ)

債券のリスク

債券は定期預金と比較して高い金利がついています。では、この債券への投資にリスクはないのでしょうか?

  1. 途中で換金はできない(個人向け国債は除く)
  2. 満期前に現金化したい場合は「市場で売却」する必要がある。その際場合によっては元本割れを起こす可能性もある(逆に利益がでることもある)
  3. 発行体が途中で破たんした場合、「元本は保証されない

特に大切なのは(3)の債券への投資は元本が保証されないという点です。そのため、債券に投資をする場合は「その発行体の信用リスク」を十分に調査する必要があります。
たとえば「信用格付け」などは代表的な指標となります。

 

個人投資家に人気の債券

ランキング1位:個人向け国債

日本国が発行する国債の内、個人投資家しか買えない国債。債券には珍しい「途中解約可」という特徴があります。
国債であるため、信用リスクも低く、定期預金感覚で投資をしている方も多くいます。
>>個人向け国債の詳細情報

ランキング2位:SBI債

ソフトバンクインベストメントグループが発行する社債。個人向けに発行されている社債で満期は1年と短期であるにも関わらず、第2回発行時の金利は1.96%と非常に高金利。
毎回発売ととも完売しており、現在は抽選購入となっています。SBI債を購入するには「SBI証券」への口座開設が必要です。
>>SBI債の詳細情報

 

ランキング3位:マネックス債

マネックスグループが発行する個人向け社債。上記のSBI債と並んで個人投資家の人気が高い債券。第6回発行分は満期半年(6か月)で1.10%と高金利。
マネックス債へ投資するには「マネックス証券」への口座開設が必要になります。
>>マネックス債の詳細情報

>>国債の比較に関するクチコミ情報を見る

 

 

株主優待関連のおすすめサイト

株主優待に関連したおすすめサイトをいくつか紹介していきます。

・国債の種類 (国債の基礎知識
国債と一口にいっても実にたくさんの種類があります。日本国が発行する国債だけをみても、利付国債、割引国債、物価連動国債、個人向け国債など多数です。ここでは、日本で発行されている(日本国が発行している)国債についてその種類や特徴をわかりやすく解説していきます。

債券とは
債券とは、国や地方自治体、企業などが、投資家からまとまった資金を調達することを目的として発行する証券のことをさします。あらかじめ支払う金利や満期日が定められており、債券に投資した投資家は定期的にクーポン(金利)を受けとることができます。また、満期になると元本が償還されます。