太陽光発電比較

最近太陽光発電を屋根に載せている家を良く見かけるようになりました。政府の補助金や太陽光発電で発電した電気の買取制度などによって、太陽光発電がようやく「元」が取れるシステムになってきたことがその一因といわれています。

ここでは、太陽光発電システムのメーカーやパネル種類の特徴などを徹底的に比較・ランキングしていきます。

 

太陽光発電システムとは

太陽光発電システムとは「太陽電池」とも呼ばれるパネルに太陽の光(光エネルギー)があたることでそれが電気(電気エネルギー)に変換されるというシステムです。
太陽の光はほぼ無尽蔵なエネルギーである上、発電の過程においてはCo2(二酸化炭素)などを排出しないため環境に優しいクリーンな発電システムであるといわれています。

また、2009年には導入補助金制度に加え、新たな買取制度(売電固定価格買取制度)がスタートして、システムで発電した電力を高い値段で売ることできるようになってから、システム導入費用を回収できるようになったことから一気に普及しています。

太陽光発電システムの無料見積比較

1位:ベスト電器のオール電化・太陽光発電

家電量販店大手のベスト電器が行っているオール電化・太陽光発電です。量販店の中でも特に太陽光・オール電化に注力しており、対応エリアが拡大中です。
太陽光発電は屋根に載せるのでどうしても載せられないケースや、強度上難しい場合もありますので、自宅まで無料で見積をしてくれるサービスは魅力です。また、なんといっても大手量販店だから強引なセールスがないのもいいですね。
>>ベスト電器の太陽光発電詳細

>>太陽光発電の比較に関するクチコミ情報を見る

 

太陽光発電のパネル比較

単結晶シリコン

太陽電池の中でももっとも歴史のある種類です。技術的には他のタイプと比較して最も成熟しています。発電効率が高いというメリットがありますが、一方で製造工程が複雑であるためコストパフォーマンスの面でやや難があります。
>>単結晶シリコン太陽電池

多結晶シリコン

単結晶シリコンと比較して製造工程が簡単であるためローコストでの製造が可能な太陽電池です。セル単位での発電効率は単結晶シリコン製の太陽電池に及ばないものの、隙間無く敷き詰めることにより発電効率を高めている。現在では最もポピュラーなタイプです。
>>多結晶シリコン太陽電池

薄膜シリコン

薄膜シリコン太陽電池は、厚さがごく薄いシリコン膜を使う太陽電池です。変換効率は他の非薄膜シリコン太陽電池よりも悪いのですが、量産性が高い上、コストダウンの可能性が高く将来の普及型太陽電池として期待されており、実用化されてきています。
>>薄膜シリコン太陽電池

アモルファスシリコン太陽電池

アモルファスシリコンは非結晶型の太陽電池。製造コストが安く薄くすることが可能というメリットがあり、安価な量産化が期待されている。一方で、結 晶型太陽電池と比較しての発電効率の悪さや、紫外線を浴びることによる経年劣化が起こりやすいという不安定さが問題とされている。
>>アモルファスシリコン太陽電池

ハイブリッド太陽電池(HIT太陽電池)

ハイブリッド太陽電池(HIT太陽電池)とは、結晶シリコン太陽電池とアモルファスシリコン太陽電池を組み合わせたハイブリッド型の太陽電池です。 それぞれを組み合わせることによる温度特性の効率化や変換効率のアップなどが期待できます。三洋電機・パナソニックが主に製造・販売しています。
>>ハイブリッド太陽電池

 

 

太陽光発電関連のおすすめサイト

太陽光発電に関連したおすすめサイトをいくつか紹介していきます。

太陽光発電システム (家庭でできる省エネ対策
現在産業としても省エネ・環境対策としても注目されているのが太陽光発電でしょう。太陽光発電は太陽の光エネルギーを電気に換えることで発電して各家庭の電気消費に代用できるほか、余った電力は電力会社に売ることもできるシステムです。

太陽光発電メーカー比較 (ベスト電器の太陽光発電・オール電化
太陽光発電システムといってもメーカーにより提供されている太陽電池モジュールには違いがあります。ここでは、各メーカーの太陽光発電システムにを徹底的に比較していきます。