掃除機比較

掃除機と一口に言っても非常に多くの形状・方式による掃除機が販売されています。ダイソンをはじめとしたサイクロン方式、紙パック方式。形状では、ノーマルタイプ、スティックタイプ、ハンディタイプなど様々です。

ここでは、掃除機についてそれぞれの特徴・メリットに加えて人気の掃除機を徹底的に比較・ランキングしていきます。掃除機選び・比較の参考にしてみてください。

 

掃除機の選び方-掃除機の形状を徹底比較-

まずは掃除機の形状からそれぞれの特徴を説明します。

ノーマルタイプ

従来からある一般的な掃除機の形状です。本体と掃除機のヘッド(吸い口)が分かれているタイプです。車輪が付いているので掃除機の重さを感じずに掃除をすることができる上、吸えるゴミの量も多いです。
一方で狭い場所での掃除がやりにくいというデメリットがあります。

スティックタイプ

本体に直接掃除機のヘッドがついているタイプで、通常自立可能です。収納スペースが少なくて済みます。コンパクトで場所をとりません。また、充電式でコードレスで使えるものも多いです。

ハンディタイプ

ホコリやちょっとしたゴミなどを吸うのに活躍するのがハンディタイプです。また、充電式なら自動車の中を掃除する場合などの場合にも活用できます。

ロボットタイプ

最近流行しているのが自動でお掃除をしてくれるお掃除ロボです。意外と賢く部屋全体を掃除してくれます。

 

掃除機の選び方-紙パックとサイクロン-

まずは掃除機の形状からそれぞれの特徴を説明します。

 

紙パック方式

サイクロン方式

基本

従来からある方式です。掃除機で吸ったほこりやゴミを本体内の紙パックに溜め込みます。
紙パック自体がフィルターの役割をしているので、紙パックを通過した空気は外に排出されます。

掃除機が吸引した空気を竜巻のように回転させる事で遠心分離の応用で、重さの違うゴミと空気とを分離します。
その上で空気はフィルターを通して排出し、ゴミはゴミを保管するカップに入れられます。

メリット

ゴミがたまったら紙パックをすてるだけでいいので手間がかからないというのがメリットの一つです。

空気とゴミを分離した状態で空気だけを排出するので、排気が紙パックのものよりもクリーン。
また、紙パックが不要なのでランニングコストが安く抑えられます。さらに、紙パックによる目詰まりが無いため吸引力が長持ちします。
デメリット

紙パック式の場合、ゴミが詰まってくるとそれだけ吸引力が低下します。

ゴミやホコリを保管しているダストカップを捨てるときにどうしてもホコリが舞いやすい。
また、定期的にダストカップの掃除などをしなければならないが面倒です。

 

掃除機比較ランキング

人気の掃除機をランキングしていきます。

集計中

>>掃除機の比較に関するクチコミ情報を見る

 

その他の掃除機の人気ランキングを調べる

人気のショッピングモール等での掃除機の売れ筋・人気ランキングを調査!

価格比較のkakazon-掃除機人気・売れ筋ランキング-
Amazonでの掃除機の人気販売ランキングと価格比較。

楽天市場 掃除機週間人気ランキング
楽天市場内での掃除機の売れ筋ランキング

 

掃除機関連のおすすめサイト

掃除機に関連したおすすめサイトをいくつか紹介していきます。

特になし

比較ランキングNET-家電製品-

テレビ・AV関連
季節家電
洗濯・掃除家電
その他家電
カメラ